第6回 子育ての科学(マテリアル工学)開催報告

8/30(土)に開催された子育ての科学のイベントレポートをお送りします!

今回は、東京大学工学部の秋元文先生をお招きして、「便利な物」と子育てについて考えてみませんか?というテーマでお話をしていただきました。

まずは、「マテリアル工学はどの様な学問なのか?」についてです。マテリアル工学の技術が使われている商品はたくさんありますが、今回は子育てと関連のある紙おむつを例に説明をしていただきました。

一般の紙おむつに限界まで吸水させると、約1.6kgになるまで水をもらさずに保持することが出来ます。(※重さはサイズにより異なる)これは、吸水パッドの部分に使用されている吸水性のある高分子ゲルの働きのおかげです。

実際に、吸水前の紙おむつ、500ml分吸水した紙おむつ、水遊び用のおむつ(限界まで吸水済み)を実際に皆さんに手にとってもらいました。すると、あまりの重さの違いに驚く方がたくさんいらっしゃいました。ちなみに、水遊び用のおむつは、腰への負担がかからないように、あえてあまり吸水されないように設計されています。

分子にはたくさんの種類があり、その働きも様々です。今回紹介した分子には、「32度を境界にして、それ以上だと溶けなく(撥水性)、それ以下だと溶ける(浸水性)性質」がありました。この技術は、再生医療の細胞の培養をする現場でも活用されています。

後半は、哲学対話のワークショップを数多く行っている宮田さんをファシリテーターにお迎えしました。今日の話を聞いて、「学術の知識を子育てにどう活かすか」というテーマで話をすることになりました。

参加者の方からは、ご自身の体験と育児を振り返って以下のような意見をいただきました。

「子どもの学びにつながる導入の方法をもっと多様化するべき。」
「子どもが「おや?」という瞬間をつくることと、その後のなぜ?にどの様に対応すればよいか?」
「子どもなりに情報を取捨選択しているので、話をたくさん聞かせることが大事だと思う。」
「知識と体験では、体験の方が子どもに残る。大人が得た知識を家で実践するのはどうか。」
「子どもだからわからないかもしれないけど・・・・は禁句。」
「知識と知恵のバランスをどの様に育てていくのが良いのか。」

その他にも、様々な話が出ましたが割愛させていただきます。今回は、大人にとっても初めて学ぶ分野であったため、改めて学びを考え、共有することが出来ました。

参加してくださった皆様、秋元先生ありがとうございました!

【講師プロフィール】
秋元 文(あきもと・あや)
東京大学工学部マテリアル工学科助教。博士(薬学)。研究テーマは、再生医療の実現に向けたスマートソフトマテリアルの創製。機能性高分子を用いて細胞培養材料や細胞分離材料などを開発する研究を行っている。