admin のすべての投稿

第6回 子育ての科学(マテリアル工学)開催報告

第6回 子育ての科学(マテリアル工学)開催報告

8/30(土)に開催された子育ての科学のイベントレポートをお送りします!

今回は、東京大学工学部の秋元文先生をお招きして、「便利な物」と子育てについて考えてみませんか?というテーマでお話をしていただきました。

まずは、「マテリアル工学はどの様な学問なのか?」についてです。マテリアル工学の技術が使われている商品はたくさんありますが、今回は子育てと関連のある紙おむつを例に説明をしていただきました。

一般の紙おむつに限界まで吸水させると、約1.6kgになるまで水をもらさずに保持することが出来ます。(※重さはサイズにより異なる)これは、吸水パッドの部分に使用されている吸水性のある高分子ゲルの働きのおかげです。

実際に、吸水前の紙おむつ、500ml分吸水した紙おむつ、水遊び用のおむつ(限界まで吸水済み)を実際に皆さんに手にとってもらいました。すると、あまりの重さの違いに驚く方がたくさんいらっしゃいました。ちなみに、水遊び用のおむつは、腰への負担がかからないように、あえてあまり吸水されないように設計されています。

分子にはたくさんの種類があり、その働きも様々です。今回紹介した分子には、「32度を境界にして、それ以上だと溶けなく(撥水性)、それ以下だと溶ける(浸水性)性質」がありました。この技術は、再生医療の細胞の培養をする現場でも活用されています。

後半は、哲学対話のワークショップを数多く行っている宮田さんをファシリテーターにお迎えしました。今日の話を聞いて、「学術の知識を子育てにどう活かすか」というテーマで話をすることになりました。

参加者の方からは、ご自身の体験と育児を振り返って以下のような意見をいただきました。

「子どもの学びにつながる導入の方法をもっと多様化するべき。」
「子どもが「おや?」という瞬間をつくることと、その後のなぜ?にどの様に対応すればよいか?」
「子どもなりに情報を取捨選択しているので、話をたくさん聞かせることが大事だと思う。」
「知識と体験では、体験の方が子どもに残る。大人が得た知識を家で実践するのはどうか。」
「子どもだからわからないかもしれないけど・・・・は禁句。」
「知識と知恵のバランスをどの様に育てていくのが良いのか。」

その他にも、様々な話が出ましたが割愛させていただきます。今回は、大人にとっても初めて学ぶ分野であったため、改めて学びを考え、共有することが出来ました。

参加してくださった皆様、秋元先生ありがとうございました!

【講師プロフィール】
秋元 文(あきもと・あや)
東京大学工学部マテリアル工学科助教。博士(薬学)。研究テーマは、再生医療の実現に向けたスマートソフトマテリアルの創製。機能性高分子を用いて細胞培養材料や細胞分離材料などを開発する研究を行っている。

第6回 子育ての科学(マテリアル工学)

第6回 子育ての科学(マテリアル工学)

今回は、東京大学工学部の秋元文氏を講師にお迎えします。
前半は、専門分野であるマテリアル工学の研究についての話を、身近なものを例にとりながら説明していただきます。
後半は、マテリアル工学や子育てについて、講師と参加者で自由に対話をします。一見、どの様な関連があるのかわかりにくいテーマではありますが、多様な観点から子育てを考えることで新たな気づきを共有していきます。

また、今回は子ども部屋を設け、「おむつ」を使ったワークショップもご用意しました。
マテリアル工学の技術がどの様に使われているのかを、ぜひ体験してください!

大人の方のみのご参加も可能です。

日時
2014年8月30日(土) 10:30-12:00
会場
湯島地域活動センター
東京都文京区本郷7-1-2
講師
秋元文
対象
どなたでも参加可
参加費
大人 500円、未就学児 200円、子ども 500円(ワークショップ付き)

講師プロフィール

秋元文(あきもとあや)

東京大学工学部マテリアル工学科助教。博士(薬学)。研究テーマは、再生医療の実現に向けたスマートソフトマテリアルの創製。機能性高分子を用いて細胞培養材料や細胞分離材料などを開発する研究を行っている。また、プライベートでは2歳の男の子の母親でもある。

申し込み

現在、参加受付中。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お子様のご参加(必須)
 あり なし

お子様同伴の方は、人数と年齢をご記入ください。

質問・要望などがありましたら、ご記入ください。

第5回 子育ての科学(天文学)開催報告

第5回 子育ての科学(天文学)開催報告

2014年5月17日(土)に開催された、子育ての科学のイベントレポートをお送りします!

今回は、天文の分野から平松正顕先生をお招きして、「宇宙の話から、子育てを考えてみよう」というテーマでお話をしていただきました。参加者は大人と子ども合わせて30名弱でした。

まずは、先生の研究分野(星の誕生)の紹介です。星の赤ちゃんは、ガスを噴出しており、そのガスが自然と発している電波を望遠鏡(電波望遠鏡)で観測しているそうです。これにより、宇宙の様々な環境で、どの様な星が誕生しているのかを調査されています。ちなみに、星が赤ちゃんである期間は、数千万年といわれているそうですが、これを人間の一生(100歳として)に置き換えると僅か8時間程度だそうです。

そして、観測に使用される電波望遠鏡の中でも、先生はチリのアルマ望遠鏡のプロジェクトに携わってこられてきました。この望遠鏡は、チリのアタカマ砂漠(標高5000m!)に設置されていて、その巨大なアンテナを使って精度の高い観測が出来るそうです。

後半は、宇宙シミュレーションソフト「Mitaka」を使って、いよいよ地球を飛び出しました!地球、太陽、惑星、銀河、星、、、と説明を受けながら遠ざかり、最終的に宇宙の果てまで辿りつきました。すると、宇宙の果てには不自然に暗い空間が。実は、世界中の技術をもってしても、宇宙には未だに未知の世界が広がっているそうです。その後、参加者の方々から「星はなぜたくさんあるの?」「星が死ぬところを生きている間に見られますか?」等たくさんの質問をいただき、Mitakaを使って丁寧に説明していただきました。

参加者の方からは、「実際の研究者の方の話を聞くことが出来て、リアルで良かった」「シミュレーションソフトのおかげで分かりやすかった。子どもが大きくなったら一緒に見たいです」等の感想をいただきました。

天文学と子育て?!と思われた方も多かったかと思いますが、先生のおっしゃっていた「固定概念にとらわれていると、見えるはずのものが見えなくなる」等、様々な概念が子育てにも参考になりそうでした。
平松先生、ありがとうございました!

講師プロフィール 平松正顕(ひらまつまさあき)
国立天文台チリ観測所助教・教育広報主任。博士(理学)。 研究テーマは星の誕生。太陽のような星がどのようなプロセスで誕生してくるかを、望遠鏡による観測をもとに研究している。またチリに完成したアルマ望遠鏡の広報担当として、科学館や学校などさまざまな場所で講演活動を行っている。

第5回 子育ての科学(天文学)

第5回 子育ての科学(天文学)

今回は、国立天文台チリ観測所助教・教育広報主任の平松正顕氏を講師にお迎えします。
前半は、専門分野から星の誕生の話や、先生が携わってこられたチリのアルマ望遠鏡についてのお話をしていただきます。
後半は、講師と参加者の対話によって、天文学と子育てがどの様に関わるのかの可能性を模索していきます。 また、宇宙や星に関する素朴な疑問を宇宙シミュレーションソフト「Mitaka」を使って解説もしていただきます。

お子様から宇宙のことを聞かれたけれど、うまく説明できなかった経験がある方、宇宙について専門家の話を聞いてみたい方、日常から離れて宇宙に思いをはせたい方、どなたでも参加可能です。(お子様連れも歓迎です。)

宇宙の話から、子育てを考えてみませんか?

※本企画は、2月に延期をさせていただいた天文学と子育てと同様の内容です。

日時
2014年5月17日(土) 10:30-12:00
会場
湯島地域活動センター
東京都文京区本郷7-1-2
講師
平松正顕
対象
どなたでも参加可
参加費
無料

講師プロフィール

平松正顕(ひらまつまさあき)

国立天文台チリ観測所助教・教育広報主任。博士(理学)。
研究テーマは星の誕生。太陽のような星がどのようなプロセスで誕生してくるかを、望遠鏡による観測をもとに研究している。またチリに完成したアルマ望遠鏡の広報担当として、科学館や学校などさまざまな場所で講演活動を行っている。

申し込み

受付を終了致しました。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お子様のご参加(必須)
 あり なし

お子様同伴の方は、人数と年齢をご記入ください。

質問・要望などがありましたら、ご記入ください。

第4回 子育ての科学(食と子育て)開催報告

第4回 子育ての科学(食と子育て)開催報告

日時:2014年4月12日(土) 10:30-12:15
会場:湯島地域活動センター

今回は、三坂巧氏を講師としてお迎えし、「なぜ、食の好き嫌いがあるのか?」をテーマにお話をしていただきました。

参加者は大人15名、子ども7名でした。今回は、乳幼児連れの方が多かったため、畳に座って話を聞くというスタイルにしました。

まずは、「”おいしさ”とは何だろう?」ということを体験しながら考えていきました。人間は、舌の上にまばらに存在している味覚受容体が、味物質を感じて脳に伝達し、そこで味を判断するという仕組みになっています。そして、味を感じるのは口の中だけでなく、視覚、嗅覚、環境などによっても変化します。実際に、大人の方にはミラクルフルーツを食してもらい、その前後にレモン果汁たっぷりのプレーンヨーグルトを試食してもらいました。すると、強い酸味を予想していたにもかかわらず、とても甘くなっていたため、何ともいえない違和感を覚える人が多かったです。 
 続いて、食べ物の好き嫌いが生じる理由を、「生物として本能的に嫌いな味であること」「本人の食経験」「親の食経験」というトピックスで解説していただきました。食の嗜好性に関する研究はまだ歴史が浅く、マウスの場合までしか進んでいない研究も多いそうですが、今後100年でも新常識が誕生するような面白い研究分野だということを知りました。

イベント後には、「栄養学や母乳、離乳食の指導で言われることと結果は同じでも、根拠がはっきりしたことにより、知識が深まった気がします」、「沢山質問出来たので、これまでの通説・俗説の裏付けが理解できたのでとても良かったです」などの感想をいただきました。今回は、日常生活に深く関係のあるテーマであったため、今後も応用することが出来る学びが沢山ありました。参加してくださった皆様、三坂先生ありがとうございました。

講師プロフィール
三坂 巧(みさか たくみ)
東京大学大学院農学生命科学研究科准教授。専門は食品機能学。食品が生体に対してどのような影響を与えるかという視点から、味受容メカニズムの解明や、味覚に影響を与える食品成分の探索に焦点を当てた研究をおこなっている。

第4回 子育ての科学(食と子育て)

第4回 子育ての科学(食と子育て)

食べ物の好き嫌いとは何か?

私たちは食べ物を口に入れると味を感じ、「おいしい」とか「そうでもない」とかを判断しています。どのような味が好みであるかは、人によって大きく異なっています。また同じ人間でも、成長に伴って食の嗜好が変化することもあり、それまで食べなかったものを突然、好きになったりもします。このような食べ物の好き嫌いがなぜ生じ、なぜ変化するのかといったことについて、少しずつ明らかになってきました。このレクチャーでは三坂巧先生をお招きし、なぜ私たちが味を感じることができるのかを学びながら、「食べ物の好き嫌い」について改めて考えてみましょう。

日時
2014年4月12日(土) 10:30-12:15
会場
湯島地域活動センター
東京都文京区本郷7-1-2
講師
三坂 巧氏 (東京大学大学院農学生命科学研究科准教授)
対象
どなたでも参加可(男女不問)
参加費
無料

申し込み

本イベントは終了しました。

第3回 子育ての科学(哲学)開催報告

第3回 子育ての科学(哲学)開催報告

哲学と子育て イベントレポート

日時:2014年3月29日(土) 10:15-12:15
会場:湯島地域活動センター

今回は、梶谷真司氏を講師としてお迎えし、「まなび」をめぐる哲学対話を行いました。

参加者は大人15名、子ども4名(3名乳幼児)でした。“哲学対話”と聞くと、難しく聞こえるかもしれませんが、今回は最年少で5歳の子も加わって、和やかな雰囲気の中でスタートしました。

まずは、「良い親とはどういう親か?」をテーマに少人数での質疑応答を行い、対話のための準備をしました。これは自分で考え、それを伝えるための練習だそうです。続いて、全員で「まなび」という切り口から思い浮かぶ質問内容を出し合い、それらを整理してから、話し合うテーマを決定しました。(写真参照)今回のテーマは「どうすれば、生き生きと育っていけるのか?」となり、各自の意見を出し合ってから、自由に発言をしていきました。最初は、「どのようにすれば~」という意見が目立ちましたが、途中から「そもそも、生き生きとはどういうことか?」という内容に変化していきました。“生き生き”という言葉ひとつとっても、人によって捉え方の違いがこんなにもあるのだということを知りました。

イベント後には、「結論を求めない議論だからこそ、多様な意見が出て、なおかつ参加者全員で共通意識も生まれた」、「なんとなく“こういうことだよね”と決めつけていていては、知ることが出来ないことがあったと感じた」、「易しいキーワードから、色々な考え、思い、世界観を見ることができた」などの感想をいただきました。「まなびと子育て」という入口だったはずなのに、議論が終わってみるととても大きな規模の話になっていたことが印象的でした。今回のイベントを通じて、自らの考えを言葉にすることの大切さを強く感じたので、今後は対話をする機会をもっと増やしていきたいと思います。参加してくださった皆様、梶谷先生ありがとうございました。

講師プロフィール
梶谷 真司(かじたに しんじ)
東京大学大学院総合文化研究科准教授。専門は哲学、比較文化、医学史。
哲学では身体と感情をテーマにしつつ、東洋の医学書・育児書・養生書を読み解き、人間のあり方の歴史的・文化的特徴について考察している。最近では、「哲学対話」のプロジェクトを推進している。

第3回 子育ての科学(哲学)

第3回 子育ての科学(哲学)

「まなび」をめぐる哲学対話

子育てにとって「まなび」は大きなテーマです。こどもはいろんなことを学びながら大きくなっていきます。それは親にとって、喜びであるとともに悩みでもあります。しかし、そうした体験を通して、実は親のほうが多くのことを学んでいるのかもしれません。今回は、そんな子育てにおける「まなび」をめぐって「哲学対話」をしてみましょう。
「哲学対話」では、誰もが自由に安心して話すことができます。難しい知識など必要とせず、それぞれが自分の経験から出発し、みずから言葉で語り、おたがいの話に耳を傾ける――それだけで私たちは共に思考を深めていきます。子育てについて語ることは、それじたいとても深くて楽しい哲学的体験になるでしょう。

日時
2014年3月29日(土) 10:15-12:15
会場
湯島地域活動センター
東京都文京区本郷7-1-2
講師
梶谷真司氏 (東京大学大学院総合文化研究科准教授)
対象
どなたでも参加可(男女不問)
参加費
無料

申し込み

本イベントは終了しました。